このジュースのおまじないは実際に科学的な検証に基づいた物なので、やってみる価値は十分にあります。おまじないというか民間療法に近いですが不妊解消に効果てきめんで妊娠のしやすさがグッと上がるので頑張りましょう。

「妊娠しやすくなるジュースのおまじない」で不妊解消

スポンサーリンク

結婚してそろそろ子供が欲しい、と思っている夫婦には、子宝は切実な願いです。
独身の男性や恋人同士ならHについて人に話すのは恥ずかしいもの、と思いますが、妊娠できない夫婦はそんなことを言っていられません。
病院へ行き、どの日にHしてくださいと医者に念を押され、不妊治療をする時には男性の精子の持ち込みまでしなければならないのです。

 

そこまで一生懸命妊娠を望んでいる夫婦に、すこしでも役にたてそうなおまじないがあります。
もちろん基礎体温をつけたり、不妊治療を続けながら行うことが大切ですが、やってみる価値はありますよ。

 

おまじないに用意するもの

  • オレンジジュース
  • グレープフルーツジュース
  • リンゴジュース

 

どれでも構いません。
果汁100%のものを用意しましょう。

スポンサーリンク

 

おまじないのやり方

 

排卵期は基礎体温が下がった前後となります。
体温が下がる頃にHするとしたら、その3日前からジュースをコップ一杯に注ぎます。
そのジュースにクラシック音楽を聴かせてあげましょう。
曲は静かなものなら何でも良いのですが、子供を望むとあっては「シューベルトの子守唄」など、子供をイメージできるものが良いでしょう。
オーディオアンプの前にジュースの入ったコップを置いて、曲のイメージをジュースに吸収させるのです。
曲が終わったら、そのジュースを飲み干しましょう。
これを妊娠活動が終わるまでの三日間毎日繰り返すのです。
その他には特に注意することはありませんので、自分の都合の良い時間帯に行って大丈夫です。

 

このおまじないにはある程度根拠があり、精子は酸性ですので、女性の膣内を酸性に保つことにより、より精子が卵子に到達しやすくなり、着床する可能性が高くなる、という理論から来ています。

 

酸性の飲み物にクラシック音楽の波動を吸収させることにより、より妊娠しやすいイメージを持ったドリンクに仕上げることができます。
あくまでもおまじないなのですが、精神的にリラックスして妊娠活動ができることから、妊娠の確率が高くなる、という訳です。

 

妊娠を望んでいる女性は、もちろんその他にも色々な方法を試していることと思います。
この方法の良いところは、身体に無理がなく、他のサプリメントや医師の投薬などへの影響がないことです。

 

不妊治療を続けている女性は、排卵期から高温期が終わるまで、とにかく期待と不安が入り混じった非常にデリケートな精神状態になります。
毎日味を変えて、自分へのご褒美気分で美味しいジュースを味わいましょう。


スポンサーリンク
関連ページ
「男の子が生まれる」おまじない
子供を妊娠することはとても嬉しいことです。男女どちらでも嬉しいものですが、少しばかり男児が欲しい、女児が欲しいと思う気持ちはあるものです。ここでは実践して効果があった「男の子が生まれる」おまじないをお教えします。
子宝に恵まれる妊娠のおまじない
子供が欲しいと思いだしたら是非実践してほしい、子宝に恵まれるおまじないをお教えします、赤ちゃんの画像を保存するだけ、散歩するだけの楽々おまじないなので、無理せず願いを叶えれますよ。お子さんが欲しい方は是非試してください。
ガラガラおまじないで妊娠できる
妊娠したい女性にとって不妊は死活問題です、そんな時に赤ちゃんのガラガラを大きいポーチに入れて持ち歩き、こっそりおまじないをして念じましょう。手軽にできるおまじないで強く念じるほど効果が高いです。
「女の子がほしい」お勧めのおまじない
産み分けというのはとても難しいです。100%そうなるとは限りませんが、女児がほしいという人に、お勧めのおまじないがあります。女児の部屋や服を用意して強く念じましょう、自分の体の中のことなので念が届く確率も高いわけです。
「パワーを貰うおまじない」で妊娠ができる
妊婦からパワーをもらう妊娠のおまじないをご紹介します、周囲に妊娠している人はいませんか?見えない力であるおまじないのパワーを借りて、自分にも赤ちゃんが出来るようお祈りしましょう。妊婦さんに富士山の絵を描いてもらうたったこれだけでOKです。

このページの先頭へ戻る